nandemoYA? 検索

カスタム検索

2014年7月30日水曜日

詳細設計の指針

低エントロピーのシステムを創る。 マクロ的にはパーマカルチャーである。 ミクロ的には低エントロピーマシンを創る。 低エントロピーマシンはたとえば風力発電? スマートグリッド?


祈り アーメン、南無阿弥陀仏、インシャラー 祈りによって、無駄な争いを回避する。 だが、それだけでは、問題は解決できない。 パンのみにあらずだが、パンが必要です。 パーマカルチャー的なシステムを創造する。


枯渇性資源は枯渇する。 再生可能エネルギーによるリサイクル型社会を創る。 マシンはパーマカルチャー的な低エントロピーマシンです。


The world's first solar-powered fmaily car is here!


2014年7月29日火曜日

ホームコンピュータシステム

#マシン   #ツール   #ネットワーク   #エネルギー  

ホームコンピュータシステム

インストールドシステムとモバイルシステムがある。

青柳洋介

バードマンインク




現時点のホームコンピュータシステム

アップル、エイサー、東芝、ソニー、パナソニック、その他

電子・電気機器はネットワーク化されたインテリジェント端末になる。

グーグルカーも、ホームコンピュータシステムに含まれるだろう・・・

モバイルシステムです。



 
 ロボット?

モバイル・インテリジェント端末です。

2014年7月25日金曜日

SNSの整理と開発について

Twitter, Google+は整理済み。

Facebookの整理中です・・・

Facebookがホットスポットになっていた・・・

クールダウンします。

ダビデの星へのブレークダウンを検証していました。


やはり、エネルギー危機は深刻です。


マシンが消えていく・・・


成長の限界です。


下々で、いろんな問題がたくさん発生している。

世界の開発がシステマティックでなく、アドホックだからです。

世界の分割統治は、開発をシステマティックにする指針です。


世界の分割統治がシンプルであっても、多様性は失われません。

世界の分割統治は、根幹です。

枝や葉っぱや花は多様です。


マシンやツールやネットワークの開発などをシステマティックに行うと言うことです。

世界の混乱はアドホックな開発が原因です。


食 > 情報 > 衣 > 住 > 医 > 冠婚葬祭

人流 > 情報流 > 物流 > 金流

アイテムをシンプル化します。


トップダウンにシステム開発して、ボトムアップに行動する。


トップのシンプルなシステムから、ボトムへ向かって複雑なシステムになる。

だから、多様性は失われません。


われわれは、真核生物です。

統合化されています。


住宅問題にすべてが集約されていると言っても、過言ではない。

生物の生活の場だから・・・


飛行機などは、モバイル住宅(マシン)です。


はさみはマシンです。

馬鹿とはさみは使いよう、すなわち、システムです。


ミサイルはマシンですが、ミサイル防衛システムはツールです。 だから、ツールでも、生き残れないツールもある。

飛行システムを前提にして、飛行機を開発する。 すなわち、システム設計が先です。ツールの設計が先です。


住宅の開発の前に、都市計画を行う。 すなわち、マシンの設計よりも、システムの設計が先です。


社畜のフォローは最小限にする。

個人が社の宣伝をするので、社畜の宣伝は原則は不要である。


原則として、出版社はアマゾン、レコード会社はアップル、広告会社はグーグル
これで良い。
整理する・・・

2014年7月18日金曜日

メール

ソフトバンクiPhoneユーザーの皆さんは設定しておいたほうがいいかもしれません。メール通知こなくなるかも?
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/238/238754/


残念でした。僕はソフトバンクのメールアカウントを削除しています。

なおかつ、ソフトバンクのサポートセンターにこのメッセージが来ないようにしてくれと頼んだ。

でも、このメッセージは時々出ます。


僕はGmailユーザーです。何も困りません。

テストのために、Apple, Microsoft, Yahoo!メールも入れているが、使っていません。



バードマンサポート

2014年7月16日水曜日

進化するシステムです

「見守りシステム」を実現するための「個別技術」を移転する?

山中さんは、ゆっくりと、「見守りシステム」の「全体像」を描き出す・・・ そして、その実現に必要な個別技術を順次移転していく? こんな感じですか?


システムは、どんどんバージンアップしていく。 進化するシステムです・・・


バージン1.0の「見守りシステム」は、どんな感じですか?


バージョン1.0です。


青柳洋介

バードマンインク


バージンアップも、面白いね? 笑い バージン力アップです、笑い


まずは、バージン1.0の見守りシステムを開発します。 バージョンじゃない。バージンです。


I've Dreamed Of You 4:53 Barbra Streisand The Essential (Disc 2) Easy Listening 219


Someday My Prince Will Come 4:08 Barbra Streisand The Essential (Disc 2) Easy Listening 219


見守りシステムには、ネットワークは不可欠です。 システムが異常を検知した。綜合警備保障が駆けつける・・・



virgin 【名-1】処女、童貞 【名-2】《be a ~》男[女]を知らない 【名-3】乙女、修道女、未婚婦人 【名-4】〈俗〉初めて行う人、未経験者 【形-1】使用されたことのない、未使用の、人跡未踏の、最初の 【形-2】処女の、童貞の、純潔の

ウイン・ウインの提携

米IBMとアップル、法人向け携帯端末で提携 


これは、大きい!

端末のトップとサーバーのトップ あーあ。ジャパンはどうなるの?


ウイン・ウインの提携です。


バードマン


マイクロソフトやグーグルも、続くかな? hpは、どこが取る?


サーバーのメイカーは、他にどこがあるの?

2014年7月15日火曜日

トップダウン・ボトムアップ設計です

 
トップダウン・ボトムアップ設計です・・・


大宇宙のデザインとシステム370

http://artharbour-ao.blogspot.jp/2014/07/blog-post_4843.html …

天子  http://artharbour-ao.blogspot.jp/2014/06/blog-post_1484.html … …

世界の分割統治

http://artharbour-ao.blogspot.jp/2014/06/blog-post_2618.html …

われわれは、「100年住宅の開発」を行っている・・・

http://artharbour-ao.blogspot.jp/2014/07/blog-post_9.html

ダビデの星のブレークダウン


http://artharbour-ao.blogspot.jp/2014/07/blog-post_7907.html

マシンの詳細設計


http://artharbour-ao.blogspot.jp/2014/07/blog-post_428.html

マシンの例


http://artharbour-ao.blogspot.jp/2013/04/blog-post_6277.html

より大きなシステムを創る・・・


http://artharbour-ao.blogspot.jp/2014/07/blog-post_5117.html

システム構成


http://artharbour-ao.blogspot.jp/2014/07/blog-post_1206.html

るちな♡ちゃんへ

『中国ビジネスで、負けた人は、中国の悪口を言う。』 ユニクロはまだ途中です。 中国進出して、勝って撤退した人(企業)は居ません。 中国で活動中は「活かされてる」だけ。富を持って抜け出せなければ勝者とはいえません。

るちな♡ちゃんの視点は面白い。

中国が悪いのではない。 日本は設計でアメリカに負けて、製造で中国や台湾や韓国に負けた。 日本の経営者のオツムが弱いからです。

iPhoneを見たら、分かる。 設計はカリフォルニア、製造は中国です。

経験上、知っています。 中国ビジネスで、負けた人は、中国の悪口を言う。 ユニクロの柳井は悪口を言わないはず。


「富を持って抜け出す」 中国の労働者が、先進国に搾取されているのでは? 100円ショップなどは、ありがたい。


るちな♡ちゃんは、「世界の中心で愛を叫んでいる」


るちな♡ちゃんへ ボーカロイドは、「現象」です。


るちな♡ちゃんへ ボーカロイドは、どろろんぱの「お仲間」です。


るちな♡ちゃんへ 初音ミクです。


やはり、るちな♡ちゃんは、ちゃんさんと結婚したらどうでしょうか?


るちな♡ちゃんへ 僕は、「現象」のことを、「フェノミナ」と呼んでいます。 参考までに・・・


宮沢賢治 宮沢賢治は日本の最上級のクリエイターのひとりだ。ローカル(ミクロ、還元)から、グローバル(マクロ、全体)までを捉えた数少ない学者だ。その表現は、文学や詩という形態を取っている。 『春と修羅』 - 宮沢賢治 序 わたくしといふ現象は 假定された有機交流電燈の ひとつの青い照明です (あらゆる透明な幽霊の複合体) 風景やみんなといっしょに せはしくせはしく明滅しながら いかにもたしかにともりつづける 因果交流電燈の ひとつの青い照明です (ひかりはたもち、その電燈は失はれ) これらは二十二箇月の 過去とかんずる方角から 紙と鑛質インクをつらね (すべてわたくしと明滅し  みんなが同時に感ずるもの) ここまでたもちつゞけられた かげとひかりのひとくさりづつ そのとほりの心象スケッチです これらについて人や銀河や修羅や海膽は 宇宙塵をたべ、または空気や塩水を呼吸しながら それぞれ新鮮な本体論もかんがへませうが それらも畢竟こゝろのひとつの風物です たゞたしかに記録されたこれらのけしきは 記録されたそのとほりのこのけしきで それが虚無ならば虚無自身がこのとほりで ある程度まではみんなに共通いたします (すべてがわたくしの中のみんなであるやうに  みんなのおのおののなかのすべてですから) けれどもこれら新世代沖積世の 巨大に明るい時間の集積のなかで 正しくうつされた筈のこれらのことばが わづかその一點にも均しい明暗のうちに    (あるひは修羅の十億年) すでにはやくもその組立や質を變じ しかもわたくしも印刷者も それを変らないとして感ずることは 傾向としてはあり得ます けだしわれわれがわれわれの感官や 風景や人物をかんずるやうに そしてたゞ共通に感ずるだけであるやうに 記録や歴史、あるひは地史といふものも それのいろいろの論料といっしょに (因果の時空的制約のもとに) われわれがかんじてゐるのに過ぎません おそらくこれから二千年もたったころは それ相當のちがった地質學が流用され 相當した證據もまた次次過去から現出し みんなは二千年ぐらゐ前には 青ぞらいっぱいの無色な孔雀が居たとおもひ 新進の大學士たちは気圏のいちばんの上層 きらびやかな氷窒素のあたりから すてきな化石を發堀したり あるひは白堊紀砂岩の層面に 透明な人類の巨大な足跡を 発見するかもしれません すべてこれらの命題は 心象や時間それ自身の性質として 第四次延長のなかで主張されます 大正十三年一月廿日  宮澤賢治 ○存在と時間、そして、宇宙 存在とは、エネルギーが形象化された現象である。時間とは、エネルギーの遷移である。 そして、宇宙とは、エネルギーの連鎖で形成されている。なおかつ、その連鎖は、不可逆過程である・・・空間は、エネルギーの相対的関係から発生する・・・ 太陽から、電磁波(光)によって、エネルギーが伝播してくる・・・太陽自体は、核融合反応をしており、その過程で、エネルギーの一部が電磁波となり、空間を伝播する・・・月は、太陽の電磁波を反射している鏡のようなものである・・・火は、化学反応で発生するが、その過程でも、エネルギーの一部が電磁波となり、空間を伝播する・・・ 宇宙とは、エネルギーである。エネルギーが場を形成し、フェノミナとして物質化し、フェノミナは場を通して、ダイナミックに干渉しあっている・・・宇宙とは、エネルギーがダイナミックに変化する現象である。宇宙が生きている限り、真の意味で、スタティックなものはない・・・ 生命とは、エネルギーのひとつのフェノミナである・・・そして、宇宙とは、エネルギーの連鎖で形成されている。なおかつ、その連鎖は、不可逆過程である・・・空間は、エネルギーの相対的関係から発生する・・・ 空間とは、場である。場の中をエネルギーが遷移する過程を時間と呼んでいる・・・時空と、時場は、同じもので、言葉が違うだけである。 時空は重力場、電磁場を形成している。物質とは、フェノミナである。物質は、4つの力を有している。引力、電磁力、強い核力、弱い核力 E=mc2 つまり、、物質=エネルギー=波 存在(Exsistence)とは、時空(Time&Space)の中で動的(Dybnamic)に流れているフェノミナ(Phenomena)を静的(Static)に捉えたものにすぎない!つまり、観測できたフェノミナを存在と呼ぶ! そして、WebとBioの関係について考察した。 Webとは、場である、重力場、電磁場・・・Bioとは、光である、エネルギーである、魂である・・・Bioが発するエネルギーが、場の中を伝搬して伝わってくる。音波の場合は、音場を通して、プレーヤーの魂が伝搬してくる・・・ 引力とは? 物質が持つ摩訶不思議な力・・・ 引きあうのみである。一方、電磁力とは? Bioが持つ摩訶不思議な力・・・ 性質が同じものは反発しあう。性質が違うものは引きつけあう・・・このようにして、恋愛も成立するのであろう・・・引きつけ合ったり、反発したり・・・これこそ、陰陽の原理である・・・ 注記)不思議な点 化学反応では、質量不変の法則が成立する。火が発生するトキ、光が見えるということは、光が電磁場を通じて伝播している。化学反応で発生した光エネルギー対して質量は減らない。これに対しては、化学反応により電子などのエネルギー順位の差が熱エネルギー、光エネルギーに変わったと説明される。物質に元来内包していたエネルギーが波となって放出されただけ。よって、質量は不変である。 E=mc2との関係は? 力には、引力、電磁気力、強い核力、弱い核力がある。力、つまり、フォースが熱エネルギー、光エネルギーとなって放出されただけなので、化学変化の前後で質量は不変である、という解釈なのかな? 最初に光ありき、ゆらぎから、ビッグバンが起きた・・・ ここが信じられない・・・ 最初にエネルギーありき、ゆらぎから、ビッグバンが起きた・・・ いまいちだな・・・ 宇宙の誕生については、疑問が残る・・・ やはり、宇宙振動論のほうがベターな気がしないでもない・・・物質世界、反物質世界で、宇宙は振動している。その接点がブラックホールである。物質世界があり、接点にブラックホールがあり、その向こう側に反物質世界がある。物質世界が反物質世界に吸い込まれて、ある時点で、反転が発生して、反物質世界のエネルギーが物質世界に逆流を始める・・・このように、宇宙は物質世界と反物質世界の間で振動している、という主張だが・・・波は、重力場、あるいは、電磁場を通じて、伝播するだけなのでは? 宇宙の存在理由は? 不明である。神の領域である。全宇宙も、フェノミナに過ぎない・・・ 存在理由は不可知である・・・ 人智を超えている・・・ 熱力学の法則のうち、エントロピー増大の法則がある。物質世界から反物質世界への入り口では、つまり、ブラックホールでは、エントロピーはゼロであり、その向こう側にある反物質世界に限れば、エントロピーは増大しているのだろう。どこで、反転が起きるかが問題であるが、エントロピー増大の臨界点で、反転が起きるのではないだろうか? 全宇宙は、小宇宙からなる複合体なのかな?小宇宙とは、ひとつの銀河のことをさす。その核にブラックホールがあるのでは?小宇宙間の相対距離は大きくなるばかりなのだろうか? 逆にそれらの相対距離が接近しているものもあるのではないだろうか?物質世界と反物質世界からなる小宇宙同士が衝突して、融合することもあるのでは?このような感じで、宇宙は成立している。だが、その存在理由は不可知である・・・ 宇宙は無限世界である? 老子の世界 - 虚無 【虚無】きょむ ③[史記(太史公自序)]老子の説。有無相対を超越した境地。天地万物は一と称する認識を超越した本体より発生するが、それには形状がなく、見ようとしても見えず、聞こうとしても聞こえない。そこで虚無という。 恐るべし中国4000年の歴史。 「本体」とは何だろうか? まるで、ブラックホールのようなもの?これは、インドの零の発見と類似しているのでは?そして、物理学的見地から言う「宇宙の誕生」・・・ 虚空から光が誕生した? 何かがトリガーとなって・・・ でも、個人的にはビッグバン宇宙論には疑いを抱いているが・・・ 【虚空】こくう ①何もない空間。そら。仏典では、一切の事物を包容してその存在を妨げないことが特性とされる。 つまり、「無の境地」なのかな?結局は、「ブラックホール」から「宇宙」が「誕生」するということ?人智を超えているな~~~ ハイデガーの「存在と時間」を読む必要がないと思った理由: 存在とは? エネルギーのこと 時間とは? エネルギーの変化の割合(単位)のこと そして、宇宙の真理のひとつは、「諸行無常」であるが・・・ ブラックホールとは?「反物質」の世界? 何かがトリガーとなって、反転現象が起き、チェーン・リアクションが発生して、光=波=エネルギー、つまり「物質」の世界、つまり、われわれが認識している「宇宙」が誕生したのかな? 人智を超えているが・・・ それで、これから、敷衍すると、「宇宙振動論」ができる。つまり、物質の世界と反物質の世界が往来して、宇宙は振動している・・・そうしたら、「宇宙の死」はなくなる・・・ 宇宙とは、「物質の世界」と「反物質の世界」が往来する「無限世界」である・・・ 宇宙の果ては存在しない・・・人智で考えるから、「果て」という「固定観念」が発生する・・・宇宙に「果て」はない・・・エネルギーが振動しているだけ・・・つまり、「物質世界」と「反物質世界」が振動している「現象」こそが、「宇宙」である。 注) NASAが出した情報によると、ブラックホールとは反物質の世界への入り口ではないの? ブラックホールの向こう側に反物質の世界があるのかもしれません? ○予定調和 -> 万物流転、諸行無常 ライプニッツの「予定調和」は否定済み。フェノミナが時空の中を動的に流れていくので調和して止まることはありえません。常に変化が続きます。「予定調和」 <-> 「諸行無常」 複雑系の研究から生まれた「部分の総和は全体を超える」も否定済み。僕が出した結論は、「全体は部分の総和である」。 (部分の総和=<全体 =が成立するのはパーフェクトな場合のみ)ただ、人智ではすべての部分を見ることができないからです。また、人智では全体を正確に捉えることも不可能です。 医学的見地から、一個の人体でも、ある意味、部分です。人間関係や環境などと繋がっています。部分が人智を超えて繋がったりしているからです。だから、便宜上、「部分の総和は全体を超える」と思っていて差し支えないです。医学的な観点からは、部分も全体も同じように大事だと思えばいいのでは?相補的に捉えればいいと思います。ただ、現時点では部分に重きを置きすぎです。つまり、「ホリスティック医学(Holistic Medicine)」の重要性です。 フェノミナの観点からは、部分も全体もダイナミックなフェノミナです。人智ではすべてを捉えることは不可能です。 ○フェノミナ (ひとつのフェノミナとしての)全体がパワーアップするには、(全体を構成する個々のフェノミナとしての)部分がいかにうまく繋がるか、にかかっています。その個々の部分もさらに細かいフェノミナから構成されています。個々のフェノミナとしての部分自体のパワーアップも必要です。 要するにリレーショナル・フェノミナの「質量問題」です。宇宙全体もフェノミナ、ある物質もフェノミナ、ある生命体もフェノミナである。パーフェクトなものがあるとしたら、宇宙全体だけだと思う。人間が思っているパーフェクトなものは、ほとんどが仮想的なもの。カウントすること自体も仮想的なのである。完全な直線などもともと存在しない仮想的なもの。地球の公転周期もゆらいでいる。原子時計でさえゆらいでいる。厳密な意味での正確な時間など人間には作り出すことができないのである。 要するに、時空を含め、宇宙はフェノミナの複合体なのである。揺れている、振動しているのである。エネルギーとは波なのである。物質とは波がフェノミナとして顕在化しただけのもの。生命も同様のもの。タバコの煙の粒子一個(厳密な意味では捉えることは不可能)は時空を持つ物質なのである。個々のフェノミナ自体が時空を持ち、それらが織りなして宇宙全体がひとつのフェノミナとなっている。 存在とはフェノミナをスタティックに捉えたものである。ところが、宇宙にはスタティックなものなどない。フェノミナはダイナミックである。 生とは、あるフェノミナが発生すること、死とはそのフェノミナが解体して個々の小さなフェノミナに分散すること。よって、死もスタティックではない。個々の小さなフェノミナに分散するがフェノミナ自体はダイナミックなのである。 生命体の形態をしたフェノミナは他のフェノミナに影響を及ぼす。たとえ、生命体の死が訪れても、生命体としてのフェノミナが他のフェノミナへ及ぼした影響は消滅しない。脈々と連なっているのである。

オープンラボ@九工大・情報工学部

 
オープンラボ@九工大・情報工学部

若いもんにまけろうもん!

僕はシニア・エンジニアとして、アドバイスします。

予定は、同じです。 9時ころ出ていって、学食で、昼飯を食って、帰ってくる。  オープンラボ 大して見なくても構わない。 研究室の紹介のパンフレットがあればよい。

興味を持ったトピックス

小出研究室 開催場所:6階 N609
内容:並列分散コンピューティング

尾家・鶴・川原・塚本研究室 開催場所:4階 E407
内容:進化するネットワーク

尾下研究室 開催場所:6階 E623
内容:仮想人間の実時間アニメーション技術

田中(和博)・渕脇・清水研究室 開催場所:1階 W101
内容:流れを視る

堀江・石原・二保研究室 開催場所:2階 N201
内容:先端的物理シミュレーションの世界

末田研究室 開催場所:7階 W701
内容:タンパク質に「光るシッポ」をつける

坂本(順)研究室 開催場所:8階 W813
内容:生きる=息をする仕組み

松山研究室 開催場所:7階 W711
内容:身近にあふれるソフトマター

http://www.iizuka.kyutech.ac.jp/

100年住宅の開発

トップダウン・ボトムアップ設計です・・・


大宇宙のデザインとシステム370

http://artharbour-ao.blogspot.jp/2014/07/blog-post_4843.html …

天子  http://artharbour-ao.blogspot.jp/2014/06/blog-post_1484.html … …

世界の分割統治

http://artharbour-ao.blogspot.jp/2014/06/blog-post_2618.html …

われわれは、「100年住宅の開発」を行っている・・・

http://artharbour-ao.blogspot.jp/2014/07/blog-post_9.html

ダビデの星のブレークダウン


http://artharbour-ao.blogspot.jp/2014/07/blog-post_7907.html

マシンの詳細設計


http://artharbour-ao.blogspot.jp/2014/07/blog-post_428.html

マシンの例


http://artharbour-ao.blogspot.jp/2013/04/blog-post_6277.html

より大きなシステムを創る・・・


http://artharbour-ao.blogspot.jp/2014/07/blog-post_5117.html

システム構成


http://artharbour-ao.blogspot.jp/2014/07/blog-post_1206.html

ビジネスモデル


企業経営で、一番大事な

「ビジネスモデル」

を作っている。

青柳洋介

バードマンインク

http://birdman-ao.blogspot.jp/

ライフワーク

「100年住宅の開発」

です。

僕は、「運び屋」もやっている。

いわゆる、

「キャリア」

です。


つまり、

LCC

をやっています。

LCCの「道」は

情報ネットワーク

です。


「100年住宅」は、マシン・ツールです。

LCCは、ネットワークです。

僕のサブマシン

iPhone, iPad, acer

僕の現時点の100年住宅

ゲストハウス

です。

ゲストハウスは世界各地にあります。これは、バリ島のゲストハウスです。 pic.twitter.com/Zvh7Aig4ml

僕の知り合いが共同通信ビルを開発した。

このビルは、100年住宅になるか? 否か? pic.twitter.com/HATL6551v1

2014年7月6日日曜日

Google+, Facebook, Twitter

容量の大きさなど


Google+ > Facebook > Twitter

動画、静止画、テキスト > 静止画、テキスト > 静止画、テキスト


みっつのそれぞれの特徴を生かして、使い分けるのが良いようだ。



青柳洋介

バックアップ

僕は、バックアップは、外付けハードディスクです。

ハードディスクも安くなった・・・


セコPC システムバックアップにDVD-R7枚必要らしい。
どうしよう。100円ショップだと400円掛かる
世間ではDVD-Rなら50枚1000円程度らしい。
データ保存ならSDカードが嵩張らない。DVD-R使うアテはないし。

2014年7月1日火曜日